FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

『重力ピエロ』※ネタバレ有り

   ↑  2010/06/01 (火)  カテゴリー: 感想等 ※時々ネタバレ注意報

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る


 「春が二階から落ちてきた。」
 原作伊坂幸太郎。放火犯がぼや騒ぎを起こしている現在と、母親がレイプされ子どもを産む過去の二重構造で物語は進行します。
 大学院で遺伝子について研究する兄の泉水(いずみ)と落書き消しをしている弟の春はとても仲の良い兄弟です。しかし、弟の春は実際は本当の兄弟ではなく、レイプ犯の子どもでした。レイプされた母親を前に、父親は悩みながらも、子どもを産もうと決意し、その想いを母親に伝えます。その時父親は神様にどうすればいいか相談し、神様の「自分で考えろ!」という言葉を聞きます。そして生まれた子どもは「春」と名付けられました。それは英語のSpring、日本語で「泉(水)」と「春」のどちらも意味することからつけられました。レイプ犯の子どもを産んだと、家族は町中から噂され、時には暗に嫌みを言われたりもしました。それによって春は傷つきますが、家族の愛情に救われます。
 物語は春が同級生のレイプ行為をバットで阻止する場面から始まります。話しを知らない人は春を正義感の強い男の子だとおもうでしょうが、話しを知っている人であれば、春がレイプを憎み、自分のようなレイプ犯の子どもとして苦しむ子どもをつくりたくない心情が理解できます。
 春は放火犯を追いかけ、泉水は過去に母親をレイプした男と接触します。泉水はその男を殺そうと計画しますが、物語後半で放火犯が春であること、春がその男を狙っていることを知ります。そのことに気付いた泉水は走りますが、春はその男を追いつめ、バットで殴り、焼殺しました。そこには物語冒頭と同じく、バットと兄の泉水がありました。
 男を殺した後の二人は、家に帰ります。すると、まるで二人のしたことを知っているかのように父親から「お前たちは悪いことをした。」と言われます。なんとか誤摩化そうとしますが、春は(レイプ犯ではない)父親と同じく、嘘をつく時に口を触る癖がありました。父親は微笑んで言うのです。「お前はおれと似て、嘘をつくのが下手だな。」と。この言葉はどうしようもなく父親とのつながりを求める春に救いを与えたでしょう。余談ですが、兄の泉水が研究していたテーマは、「遺伝か環境か」というものであり、これはこの物語のテーマでもあったでしょう。

 伊坂さんは、
  「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」  
   春は、誰に言うわけでもなさそうだった。    
  「重いものを背負いながらタップを踏むように」  
   詩のようにも聞こえた。   
  「ピエロが空中ブランコから飛ぶ時、みんな重力のことを忘れているんだ」  
   続ける春の言葉が印象的だった。
          
 を書きたいがために『重力ピエロ』を描いたんだとおもいます。ここがメインであって、ミステリとかおまけに過ぎない。正直言って、原作はつまらなかった。ただ、映画の方は原作よりも楽しかった。それは、曲がよかったこと、キャストが秀逸であったことがありますが、たぶん最初からこの物語はミステリとかはどうでもいいんだという頭で鑑賞し始めたことも大きいとおもいます。ミステリの陳腐さなどを除けば、この物語はぼくにとってとても好みですし、上に引用したところはあらゆる小説と比べても素晴らしいものだとおもっています。
 最後のエンディングテーマも非常によかったです。ぼくはたいていの映画でエンディングテーマは聞かずに終わるのですが、今回は最後まできちっと聞きました。

 S.R.S『Sometimes』(英語Ver.)



 それでは、さよならバイバイ。

スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-169.html

2010/06/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 『重力ピエロ』※ネタバレ有り

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。