FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

誕生日だと気づいたけど自分の歳を忘れる

   ↑  2011/08/25 (木)  カテゴリー: 徒然日記
 どうも田宮です。
 
 気づけばもう8月25日、ぼくの誕生日です。と言っても我が家ではそれほど誕生日を祝う習慣がなかったため、ぼく自身も特に何かやるつもりはなく、また今日も普段通りベローチェに出かけて勉強をするでしょう(ちなみにこの更新は朝の4時!)。なんとも寂しい……と客観的に自分を見つめるも、主観的な自分は完全に冷めている。誕生日だから何だろう、細胞が入れ替わって1年前とは生物的にまったくの別人になっただけじゃんと、少々皮肉げに考えています。

 ところで、人は年をとる度に成長し続けることができるのでしょうか。
 ぼくは、自分は常にベストを更新して生きてゆくのだと小学校のときになぜか決意したので、そのような思いで生きてきました。その成果もあってか、ぼくは過去のどの自分よりも、今の自分が好きです。そしてまた、今日の自分よりも、明日の自分を好きでいられるという自信を持っています。この気持ちが30歳を超えても続けられるのか、そこはちょっと不安ですが。

 この4日間ほどで、大学のレポートの文献を10冊近く読み込んだことなどを振り返ると、わりと呆然とすることもあります。勉強をした記憶しか最近はない。そんな自分を頑張ってるなあと一人褒めてたりします。そしてもっと頑張れとも。

 そう言えば、「頑張れ」という言葉は、震災のときは若干タブー視されていた記憶がある。「頑張れ」と言うと、被災者にプレッシャーを与えるし、頑張れと言ってもこれ以上頑張りようがない。そのような理由だったと思う。
 しかし、「頑張れ」と言われて怒るような人は甘ったれているのではないか。「頑張れ」とは、前に進めというメッセージです。苦しくて絶望していても、それでも復興に向けて前に進めと。だから、これはもともと言われる側にとっては厳しい言葉です。それを、そうだな前に進むしかないなと思うか、もう進む気力なんかないよ黙ってろと思うかは、聞く人の余裕や心持ちによるでしょう。だとすれば、相手が善意で「頑張れ」と言ってくれるなら、自分の余裕のなさをぶつけるべきではない。そのような弱者のヒステリーは誰も幸せにできないから、好きではない。
 
 あっ、ちなみに調べたところ、田宮の現在の年齢は22歳でした。意外とまだ若いw。人生ってえのは、長いね。

スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-374.html

2011/08/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 誕生日だと気づいたけど自分の歳を忘れる

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。