FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

too big to fail

   ↑  2011/12/25 (日)  カテゴリー: 徒然日記
 どうも田宮です。

 とりあえずメリークリスマス!(ドドドドドドド!!!!!!!!ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!←とくに意味はない。ジョジョリオン1巻は最高に面白かった!)
 みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 私は炬燵から脱出できなくなりました(ヘルプミー)。しかし冬休みが終わればあっという間に後期試験。しかも今回の試験は私にとっては卒業がかかった大事な試験です。というわけで、今はひたすら講義の内容をワードにまとめまくる毎日です。もちろん炬燵に入りながら。雪見だいふくうめー。

 世のカップル方は今頃「リア充爆発しろ」の呪いを世界中から受けている際中でしょうが、そのような呪いから無縁な私は、クリスマスだからとて何も特別なことはありません。ただ、もしかすると小説のネタになるかなと思って、昨日のイブは、街を歩くカップルを眺めるというなかなか奇怪なことをしましたが。それに私は、割と他人の幸福を見るのは好きです。
 ところで今思い出したのですが、私が「リア充」という言葉を聞いたのは、大学に進学して文芸同好会に入会したときが初めてでした。今ではずいぶんと面白い表現があるものだと感心しますが、当時の私は、「リアジュウ?何それ?リア王の野生版か?……気持ち悪っ!」と完全に勘違いしていました。そのため、「リア充爆発しろ」という呪いを聞いた時も、「おいおい、リア王をそんなに責めてやるなよ。あいつ痴呆症なんだよ。」などとリア王を心の中で弁護してものです(遠い目)。

 さてそろそろ表題に移りますか。
 too big to fail(大きすぎて潰せない)という言葉をご存知でしょうか?
 銀行を思い浮かべれば分かりやすいかもしれません。銀行が潰れそうになると、国は公的資金を投入して潰れるのを防ごうとします。なぜなら銀行が果たす役割が社会的に増大するにつれ、銀行が潰れることで社会に及ぼす影響が無視できない程に大きくなったためです。つまりこれがtoo big to fail(大きすぎて潰せない)なのです。

 しかしながらこれは本来おかしなことです。銀行は私企業ですから、自らの不手際のために潰れそうになったのなら、その責任は自らが負わねばなりません(まさに自己責任こそ資本主義の本質)。それを公的資金を投入することで救済するということは、責任を国民全体に分散させるということを意味します。
 下手したのは銀行なのに、なぜ国民がとばっちりを食らうのか。銀行が潰れると国民に及ぶ悪影響が大きいから。なるほど納得。

 まあほとんどの人は気づいたと思いますが、これってもう癌と同じですよ。「あなたの癌細胞はあまりに大きすぎるので、体に負担がかかり過ぎる摘出手術はできない」。このtoo big to failこそ、社会という存在の癌だという訳です。
 よく言われる言い方をすれば、「既得権益」がtoo big to failになりますかね。私などは最近の東京電力はまさにこれだと思いました。

 ここから私たちは二つの教訓を得ることができます。
 一つは「なるべく小さく分割しろ、そして競争させろ」。
 もう一つは「ぶっ潰すときは不利益が出て当たり前と思え」。

 最近の話だと大阪はまさにぶっ潰しの最中ですね。まあおそらくこれから色々な不都合が出てくると思いますが、やるからには徹底的にやった方がよいでしょう。ということで橋本市長頑張れ!
(ただ私は「大阪都構想」などは何の意図があるのか少し分かりかねています。そもそも「都」というものは「府道県」とは根本的に構造が異なるもので、むしろ「国」に近い構造を有します。したがって「得をする区」と「損をする区」がでてきますから、各区であまり財政規模に差が生じないようにする必要があるはずですが、大阪府でそのような区分けができるのかは疑問があります。そもそも大阪府民は「大阪都」にすることの意味をちゃんと理解しているのか、もししていないとすれば、それはとんでもないことだと思います。)

 このtoo big to failの考え方はとても応用がきくため話は尽きませんが、ここらへんで終わります。
 それではメリークリスマス!(ドドドドドドド!!!!!!!!ゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!!←とくに意味はない。ジョジョリオン1巻は最高に面白かった!笑)

スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-388.html

2011/12/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 恐山万能主義
この前の記事 : 北海道大学法科大学院入試の結果

Comment

コメントを投稿する 記事: too big to fail

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 恐山万能主義
この前の記事 : 北海道大学法科大学院入試の結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。