FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

恐山万能主義

   ↑  2011/12/27 (火)  カテゴリー: 徒然日記
 どうも田宮です。

 今日は大学の友達から大学院合格を祝して寿司をおごってもらいました。寿司というものはとても美味しくて好きなのにもかかわらず、不思議と積極的に食べに行こうとは考えないものでしたので、久しぶりに食べられて嬉しかったです。美味です。しかしながらその友達には昨年も寿司をおごってもらっていたので、「どうしていっつもおごるときは寿司なんだ!?」と思わずにはいられない(笑。

 ちなみに寿司パーティーは午後7時より開幕だったのですが、その前に本屋でレポートの資料を探していた所、偶然に文芸同好会の友達に会いました。とりあえず7時まで時間があったのでまた喫茶店でお話をしていました。寿司パーティー開催者のひとりも説明会のためスーツ姿で来ていたのですが、文芸同好会の友達もスーツ姿でした。
 そこで就活についていろいろ教えてもらいましたが(なんと言っても私はそこらへんは無知!)、やっぱり就活ってどうにもきな臭いやり方だなあと感じます。企業は「コミュニケーション能力」なるものを計りたがっていますが、そんなもん実際に会って数時間でも話をしてみなけりゃ分からんだろバーカ(私は就職する可能性がほぼ皆無なので言いたい放題!)。それをエントリーシートだ学生時代の武勇伝だ数分の面接やらで計れるものか。
 要するに、今の就活のやり方は私から見ると何から何まで不合理の塊ですよ。人事部の自己満足の塊、と言ってもよい。

 私が最近感じるのは、企業が新人を一から育成する余裕がなくなってきて、企業は即戦力になるような人材を求めるようになってきているのに、就活の在り方が旧態依然のままになっているこのミスマッチ! ついでに大学のどういう人材を育てたいのか分からないこの中途半端さ! 「コミュニケーション能力」なんてあいまいなものを求めているのも、話ができる奴なら育成すればなんとか使えるようになんだろ、という考え方があると思います。
 しかし即戦力が欲しいなら、計るべきは実力ただそれ一本ですよ。じゃあどういうやり方にするか? そんなもん、「本社がこれから業績を伸ばして行くために必要なことは何だと思いますか?」という企画書を提出させて判断すればいいんじゃない?(割とテキトーだが半分くらい真面目) もしかしたら優れたアイデアが得られるかもしれないですし、一石二鳥です。
 まあこれと今の就活のどちらが学生にとって楽なのかは知りませぬが、私が思うには、舞い散る花びらがこの頭に落ちるのをじっと待つよりは、風に飛ばされる花びらを追って掴む方が楽しい。

 さてそろそろ話を戻します。
 寿司パーティー終了後に時間が余ったため喫茶店に行きました。そこで他愛もないお喋りをしていたのですが、なぜか途中で、怖い話大会が始まりました(たぶんキリスト教の先生→幸福の科学の大川なんとか→イタコじゃん→恐山→幽霊という流れだった気がする……)。
 
 ところで私、実はあんまり怖い話に免疫がないのです。
 なぜかと言うと、私の地元の近くに恐山があるからです。つまり、たとえばリングとか怖い映画を見た時でも、「大丈夫、すべては恐山で浄化されるから。」という謎の恐山パワーで私はいつもぐっすり就寝できていたのです。まさに恐山万歳!

 しかし今は、恐山が近くにない……((((;゚Д゚))))

 そんな状態の私に対して、友達は情け容赦なく怖い話をしてくる! 
 おばあちゃん家で真っ白な服を来た女が居間を通り過ぎた? 夢の中で起きたと思ったのにまだ夢が続いていた永遠に抜けられない気持ちになった? 寝るときに胸で手を組んで寝ると幽霊が見える? かなしばりに5回くらいあっただと? 

 ふーーーーーん……



 めっちゃ怖えええええええええええええええええ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ!!!


 田宮はあなたからの温かな励ましをお待ちしています。なお今日は寝ません。いやマジで。それでは。

スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-389.html

2011/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 恐山万能主義

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。