FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

漫画と本の違いって

   ↑  2012/03/04 (日)  カテゴリー: 徒然日記
 どうも田宮です。

 適当にニュース関連を見ていたらよう分からん議論があったので紹介します。

 ダメなの?13歳投書に反響 漫画VS本
 「何で本は読まなきゃいけなくて、漫画はダメなの」「そもそも漫画と本の違いって」-? 十三歳の中学生が本紙に寄せた投書が、反響を呼んでいる。六十歳の男性が「本は思考力を養う」と読書を勧めると、四十七歳女性が「思考力は本でも漫画でも養われる」と反論。古くて新しいこの論争、漫画や本の世界に携わる人たちはどう考える? (岩岡千景)
 投書は、東京都港区の中学生須藤美佳さん(13)から。漫画を読んでいると母親から「本をいっぱい読みなさい」と言われるといい、抱いた疑問をつづった文が、二月六日の発言欄に載った。
 これに、静岡県熱海市の会社員小磯清さん(60)は「大きな違いは絵がないこと」「絵がなければ、情景を頭の中で描きながら読む。それこそが思考力」と読書を勧める。すると東京都武蔵野市の自由業、田中ヒサコさん(47)が「漫画も思考力を養う」と意見を返し、発言欄で反響が続いた。
 漫画と活字の本、それぞれの分野で活躍する識者は、この論争をどうとらえるか。
 「漫画は古くからある日本の文化。漫画をバカにするのは歌舞伎をバカにするのと同じ」。そう話すのは、『新・絶望に効く薬』(光文社)などで若者に人気の漫画家、山田玲司さん(46)。「平安時代の源氏物語絵巻などの絵巻物に始まり、浮世絵、ポンチ絵(江戸末期の漫画絵)、児童漫画と、絵と文字を組み合わせた文化の歴史は古い」と話す。
 今や漫画は「クールジャパン」(かっこいい日本)と呼ばれる日本文化の代表で、海外では小説以上に評価が高い。また岩崎夏海さんの『もしドラ』や、ライトノベルと呼ばれる本は、漫画と中身や構成がほとんど変わらない。
 こうした事情を挙げ、山田さんは日本の漫画の質の高さを力説。「将棋を指す時と映画を見る時では脳への刺激が違うように、違いはあっても善しあしはなく、どちらも人生のお楽しみ。両方を楽しんで」と助言した。
 また『マンガの教養』(幻冬舎新書)の著書がある学習院大教授(フランス文学)の中条省平教授(57)も「物語性の深い漫画は日本に独特。文字と絵を同時に理解し、一コマの中身が複雑な作品も多く、読解力が必要で、読んだ経験は絶対にプラス」と話す。
 その力は「漢字を読む能力と似ている」とも。「日本人は、中国から入ってきた漢字を音で理解するだけでなく、訓として日本語でも理解し、音声と観念を同時に認識している。漫画も意味伝達の構造は似ていて、その創造性は大事にしたい」
 一方、『心を育てる朝の読書』(教育開発研究所)著者で、学校で始業前に本を読む「朝読書」を推進してきた元高校教諭の林公(ひろし)さん(68)は「入学試験を受けるにも、人とコミュニケーションを取るにも、生きていく上で言葉は不可欠。漫画も、言葉があってこそ中身が理解できる。小中学生は言葉の力が身に付く大事な時期。漫画もいいが、まずは物語などの本を読み、言葉の力を蓄えて」と説いた。
◆須藤さんの投書の要旨
 私は漫画が大好きだ。でも、ずっと漫画を読んでいると母は言う。「漫画ばっかり読むな!」。そして「本をいっぱい読みなさいね」。そういう時、私はいつも思う。「何で本はいっぱい読まなきゃいけないのに、漫画は読んじゃだめなわけ?」と。そもそも漫画と本の違いって何だ。絵が付いているか、いないかだけじゃないか! 大人は何の根拠もなしに「漫画はあまりいいものではない」と決めつけているだけだと思う。(東京新聞より引用)


 とまあ、要は「思考力の鍛錬にあたって漫画は小説に劣るか?」という議論な訳です。「本」って書いてありますけど、これはたぶん「小説」を指しているのでしょう(だって「漫画」も「本」ですから)。

 しかしながら、須藤サンという子はずいぶんと的外れな質問をしたものだと思います。それに対して的外れな答えをする大人も情けないですが。
 中条省平なんかはバタイユの小説を翻訳した『目玉の話』(光文社)で非常によい訳をなされるなと尊敬していたのですが、日本の漫画は物語性が高いので読解力が鍛えられるというのは、議論としては筋が悪い(小説との比較になっていないし、物語性と読解力の関連が謎)。さらに山田玲司の、日本は歴史的に文字と絵を組み合わせる文化が発達しているという論法にいたっては、だから何だという話です。この議論は、漫画が表現媒体として小説に劣るかという問題ではない(そんな問題は決着不能)。どちらが思考力の鍛錬に役立つかという問題だ。

 まあというように、私は思考力を鍛錬したいなら小説の方が優れていると考えていることは既にモロバレかと思います。
 ところで、「何で本は読まなきゃいけなくて、漫画はダメなの」という質問ですが、これは須藤サンの勘違いですね。別に漫画を読みたいなら読めばよい、お母さんとかが言っているのは「漫画ばかり読むな」ということであって、これは「漫画はダメ」につながらない(詳しい事情は知りませんが、この投書の内容だけ読んだ感想)。もしお母さんが漫画を絶対に読んではいけないと考えてるならそれは実に不当だと思います。
 重要なのは、「そもそも漫画と本(小説)の違いって」という質問。
 漫画と小説との違いは、明白ですが文字が中心に位置するかどうかの違い。つまり文字を読むかどうかの違いです。漫画で文字を読んだなどとは言って欲しくない。

 さて、思考は言葉の上に成り立ちます。だから、言葉を読んで理解する読解力が、思考力につながります。漫画で養われるのは読解力ではなく想像力であって、両者は異なる能力と考えるべきです。
 私は、読解力なるものの根本は、結局のところ「慣れ」だと思います。つまり、文字を多く読めば読む程、読解力は鍛えられます。家庭教師をやってるとよく分かりますが、あまり小説などの活字を読む習慣のない人は、読むスピードや理解が遅いし、そもそも読む根気のない人もいます。それは文字を読む事に慣れていないからです(生物学的にも読むという行為は眼球運動と関わりがあったりします)。
 文字を読む事に慣れている人は、200頁くらいの本は「普通の厚さ」だと感じます。これは大学のようにひたすら資料を読みあさったりする勉強が必要になる段階ではとても重要な能力です。また、社会に出れば、文字を読まなければならない機会はいくらでもあり、それを億劫に感じるようでは仕事にも支障をきたします。
 したがって、文字のほとんどない漫画よりは、文字だけで構成された小説の方が読解力の鍛錬に適していることは言うまでもありません。ラノベや児童書が面白いと思うなら、それを読むのもよい(質を重視する人もいますが、私は自分が楽しめることの方が何億倍も大事だと思います)。重要なのは、文字を読む事に「慣れる」ということ。それは漫画ではできない。

 つーか13歳なら何でもやっておけ。そんな短い経験では自らの幸福など知る由もない。やる前にあーだこーだ不平を垂れるのは、自己の人生に限界を設定し見切りをつけるのと等しい。

スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-404.html

2012/03/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 親と卒業式
この前の記事 : 性格診断

Comment

コメントを投稿する 記事: 漫画と本の違いって

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 親と卒業式
この前の記事 : 性格診断
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。