FC2ブログ
 

右手で描いた暇つぶし  語り部田宮My小説を載せていきます。ただ、それだけだと寂しいので、ぼくが日々感じたことや考えたことを徒然なるままに語りますね。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

司法試験と文房具

   ↑  2013/05/19 (日)  カテゴリー: 徒然日記
 平成25年の司法試験も今日で終わりですが、来年度の今頃は自分も試験を受けているのだなということを考えながら先輩を見ていると、ちょっとだけビビったりします。これもまだ自分に自信を持てていない、つまり勉強が足りていないことの自覚なのでしょうが、あと1年でどこまで自分を信頼できるのかが大事になるなと、つくづく。
 やはり人生を切り開くのは自分への信頼だと思います。落ちると思って受けると実際に落ちるし、合格するに決まっていると思っていると普通に合格していたりしますが、人生そんなもんです(悟り)。

 しかし最近は、勉強も大事だけど、それだけでなくて、むしろそれ以上にも増して、字を比較的丁寧にかつ高速で書くことの重要さに気付き始めました。司法試験の時間は2時間ですが、2時間の間にだいたい6枚くらい書くのが平均かなと思っていました。ところがイザ過去問を時間計って解いてみますと、まあ、5枚いくので精一杯。書いている途中で腕が痛くなってきます。時間最後らへんなんかは、思考はマックス状態なのに書くスピードが遅すぎて、なんか自分に対してすっごいイライラしてしまいます(笑)。腕と頭が完全に分離していて、なんか第三者的視点から「うわこいつ書くのおっそ」というように人事のように思考が流れていく感覚です。

 そんなこんなで、以前から先輩に「万年筆を使うとラクダよ」といったことを言われていたのですが、本気で万年筆のリサーチを開始し始めました。その結果、万年筆ってすごく高いという実に辛い情報だけを把握できました。しかも、先日友達と文房具店に行ったときに、何気なく展示されている万年筆を使ってみたら書きやすかったので(高いけど)、友達にも勧めてみたら、「いや私には合わない」と言われてしまいました。万年筆にも向き不向きがあるようです。ネットショッピングで試着せずに服を買うのは危険だと言われますが、万年筆もその部類にあるようです。

 ユニボールさんの引退はもう少し先になりそうです。
 
スポンサーサイト

(記事編集) http://nekohituzibanana.blog63.fc2.com/blog-entry-445.html

2013/05/19 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : アナ雪と方法論的虚無主義
この前の記事 : 鼻呼吸への道

Comment


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2016/03/27 (日) 11:24 No.54

コメントを投稿する 記事: 司法試験と文房具

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : アナ雪と方法論的虚無主義
この前の記事 : 鼻呼吸への道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。